トップ > 業界動向 > 中小企業への融資、地銀向けにAIサービスを提供

中小企業への融資・個人住宅ローン、地銀向けにAIサービスを提供

「信用スコア」とは・・

海外では注目されている「信用スコア」の仕組みは、ここ数年で国内でも大手企業が融資サービスを提供するとの報道が相次いでいます。
「信用スコア」や「クレジットスコア」、「格付けスコア」は、個人の信用力を数値化しサービスに関連させ、ビジネスを進めることであり、個人ごとに付与された数値です。
原則、その数値が高ければ個人の信用力や信頼性が高いということになり、「信用スコア」などを運営する企業が個人の信用力を精査し保証したものになります。
その判断は、個人の稼ぐ力や資格、経験、経歴、過去の実績など性質が信用力の判断となります。

住信SBIネット銀行・日立製作所が新会社設立、地銀へ融資条件を提供

AIサービスこの信用力情報を活用し、年収や職業などの情報をもとにリスクも瞬時に算出し、設備投資などの融資住宅ローンの可否をAI(Artificial Intelligence:人工知能)を活用して契約者ごとに金利を優遇するなどのサービスを住信SBIネット銀行と日立製作所が開発し新会社を設立。
2019年10月より全国の地銀向けにこのサービスを提供するとしています。
三菱UFJ銀行やソニー銀行などでは事前審査においてすでにAIを活用しているものの、ローンの審査までAIで完結できるシステムは国内初となります。

行員の目利きからAIへ

両社は、これまで全国の地銀から顧客の融資実績、年収、世帯構成などを提供してもらいAIが債務不履行などのリスクを数値化し評価。
これまで行員が数日間かかっていた同処理を数秒で完了するとしています。
住信SBIネット銀行では、これまで融資を断れていた顧客を潜在顧客として掘り起こしにつながると、リスクをより細かくAIで分析することで、優遇金利なども提供することが可能になるとしています。
新会社は、全国の地銀から審査手数料を受け取り、半年から1年ごとに契約者情報を再精査し、地銀の情報を共有し精度を高めるとしています。

住宅ローンではすでに実証済み

AIサービス住宅ローンなど債務不履行が発生する事例が少ない場合、AIが分析するデータも不足し、リスクを正確に精査することは難しかったのですが、新会社では平成29年から実証実験を開始しており年間2〜3万件の住宅ローンを精査した情報でサンプル数を増やし実績を上げて来ました。
中小企業への融資においても地銀間の競争はいっそう激しくなり、新サービースを活用することで業務負担を削減し、新たなサービス向上へ繋がります。
住信SBIネット銀行と日立製作所の新会社である、AIサービスは、大手行や海外金融機関へのサービスも視野に入れ事業を拡大する計画です。


[2019.2.1更新]

     

▲ページトップ

業界動向
相談・支援の流れ

お問い合わせ

  • ●info@cri2.jp
  • ●Tel.03(5805)1138
  • ●Fax.03(5805)1154
  •          

RSSフィード最新の情報をお届け!

コンサルティングサービス
不動産任意売却・リースバック 資金調達
不動産リースバック事例
リースバック事例 リースバック事例
不動産・資金調達関連省庁
住宅金融支援機構 金融庁
関連団体・協会
日本土地建物調査協会